yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

日雇い派遣の仕事がまともにできない


スポンサーリンク

1人暮らしをやめて実家にもどり、失業保険をもらいつつ、およそ1年半、仕事をせずに暮らしていた。給付期間が終了し、親からのバッシングを受け、家の近くで働ける仕事をさがし、登録制の日雇い派遣でとりあえず仕事を始めた。

 

行ったのはアパレル商品がメインの倉庫での、主に商品をピックアップする仕事。

 

だが、この決まったところにある商品を棚から取ってくるという単純作業でさえ、私はミスを繰り返してしまう。

 

自分ではもってくる場所とJANコードを商品と紙を何度も確認して取ってきた。それでも、間違えをたびたび指摘された。

 

仕事は商品のピックアップ意外にもある。他の人たちはバーコードリーダーという機器を使用して、やるべき作業を黙々と行っていた。検品作業?何をしているのかまで私には理解できなかった。

 

手が空いてしまい、やることがなくなり、何をしたらよいのか分からないので、社員に指示を仰いだ。袋詰めなど他の作業はやったことがないため、

 

段ボールをテープでとめて箱を作ったり、箱を動かしたり、棚にある商品を整える作業を終了時間がくるまで延々と行っていた。

 

バーコードでの作業は誰も教えてくれない。教えてもらったところで分からないし、覚えられなかっただろう。

 

物をすぐに無くしてしまう。今やった作業を忘れてしまう。

 

せめて私が人から好かれたり、手を貸してあげたいなと思われるような人物であれば良いのだろうが、現実は何をいっているのか、考えてるのか分からない、とっつきにくい、関わりたくないと思われてしまうので、どこに行ってもすぐ孤立する。

 

学習能力がないので、聞いても頭に残らず、1度聞いたぐらいじゃ理解ができない。不器用で作業効率やスピードも遅い。新しい場所などに行くと居場所がわからなくなったり、物を置いた場所がわからなくなりもする。

 

普通の人なら今日おこなって今日から他の人と同じように出来るような仕事でさえも、私にはハードルが高い。職場内でも誰ともコミュニケーションがとれず、こんな調子なので

 

もう、ちょっと私には普通に就労するのは難しいのではないかと思っている。どん底どん底、底辺のままくすぶっている。

 

最低時給だがA型作業を見学に行ってみようかと思う。最後の手段だ。一般就労が難しい人が行くのがA型やB型作業所だ。

 

意識がもうろうとしている。昼間でも常に頭がボーッとしていて眠気が襲ってくる。

 

介護職は人生の墓場なんていう人もいるようだが、A型作業所なんて行ったら、もうもっとひどい現実が待っているように思えてならない。

 

↓現在何位?クリックして頂けると励みになります。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ