yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

今飲んでいる薬と死ねと思ってしまうことについて


スポンサーリンク

今、飲んでいる薬は、不安や緊張、興奮などの精神症状を改善するエビリファイ内用液、ゆううつな気分や不安な感じを改善するサインバルタカプセル、胃・十二指腸潰瘍や精神の症状を改善するスルピリド錠の3つだ。

 

ロゼレム錠という睡眠薬も処方されたが、眠れない事はないので飲んでいない。

 

薬を飲んでみて感じるのは、以前あった不安感がなくなったということだ。興奮することは元々なかったけど、不安で仕方ないのが取れたのは薬の影響だと思う。

 

むずかしいことは分からないが、感情を薬で脳に作用させているのだろうか。不安で不安で仕方が無いというのがないのは良いのだが、情緒不安定になるのはまだある。

 

何もしていなくても、絶えず不安というのは困るが、まったく不安を感じないのもそれはそれでよくはないと思う。適切な場面で不安や恐れを感じないというのも問題だと思う。

 

今の私は、真っ暗な夜道をひとりで歩いていても、恐いとか気味が悪いと感じる感覚がなくなっている。

 

薬を飲んでも人生が上手くいくわけではない。私の頭が良くなるわけでもない。

 

20代の時、かなりの時間いっしょにいた同級生から言われた辛辣な言葉が、リピートされて私を苦しめる。

 

誰にでもそうなのな、病院いってこいだの、ミーハーだの、もうとっくに舐められていた。私はどうしていたのか?ただだまっていたように思う。普通ならボッコボコにしたり、殺してしまったりするのか。

 

もう10年以上は会っていないが、そいつから言われた言葉を思い出し、クソ野郎、死ね、殺してやりたいという思い、憎しみの思いにとらわれている。

 

相手にしないのが一番だよ。そうしないとこっちが参ってしまう。そいういう人になってはいけない。だが、私自身がそういう人間になってしまったのは事実だ。

 

自分で自分を誰も寄りつかない人間にしてしまったのだ。顔はいつも歪んでいる。まともな人から見たら私は不気味や奴なのだろう。

 

苦しい苦しい何をしていても苦しい。何もしていなくても苦しいと思うときが頻繁にある。

 

とりえあえず仕事しなきゃお金を稼がないとと思っている。だけど自分がやれることが無い。常に心が嫌な状態のままだから、ひとりでいてもそれが顔に出ている。

 

いつもそんな顔をしている。誰かにしているわけではないのに、誤解される。他人は嫌な感情をもつだろう。当たり前か。

 

お金に困らなくなったり、自分を慕ってくれる仲間や友人、恋人がいて笑いが絶えない、困った時に助け合えるような関係の人、信用できる人、信頼できる人がいる。幸せだなと心から思う。

 

こういったものは病院に行って薬を飲んでも得られるものではない。バカだなあいつ、カスだなクズだなと言われない自分にするようには出来るのだろうか。

 

何が言いたいのか自分で分からない、感情や感覚、他人のことを考えたりすることが希薄、こういったことは改善されてほしい。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村