yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

なんでこんなに不器用なんだ?小一時間ほど歩いてこよう


スポンサーリンク

先日、行った心理検査では、絵が書いてある何十枚かのカードを一枚づつ見て、それをみてどう思うかを伝えるというものだった。

 

絵は、手の形だったり、模様だったりしたが、私にはそれがほとんど何なのかわからなかった。心、感情、想像力、認知能力が機能していないのだろうか?

 

もっとずっと若い頃、クッソみてーな生き方してんじゃねーよと同級生だった奴に言われたことがいまだに毎日のように頭をよぎる。

 

そう言われても仕方がないほど、クッソみたいなことばかりしていたんだと思う。だから、今私には友人がひとりもいないのだろう。

 

ところで、部屋に置いてあるアコースティックギターの弦がさびている。何十年経っても簡単なコードを押さえる程度にしか上達していないギター

 

新しい弦と交換しようとしたら、たった一本付けるのにも苦労するほど手先がうまく動かせない。なんという不器用さなんだろう。そして案の定、知らぬ間に手に傷をつけていた。

 

アイロンをかければ誤ってジューと腕をあててしまいヤケドをしたり、何かをやるとたいがい、しっちゃかめっちゃかになってしまう。

 

今は、食事、洗濯、家の掃除、アイロンがけなど母親がテキパキと行ってしまうから、私自身はそれが出来ないという認識もうすれ、まったく上達することもない。

 

本当に常識的なことができない、常識的なことを知らない。学習能力が無いので、何かしだしてもちょっとかじってそこから進まない発展しない。

 

あれ?おかしいただただ否定している。私は、私を壊してしまったのだ。それでも私は私で生きて行くしかない。

 

寝て起きても自分で良かったと思えた方がいい。思えたはずだったのに。

 

しかし、動画や音声でタメになるような話しを聞いても、頭にまったく入ってこない。

 

一体、なんど最初から聞き直していることだろう。それでもやっぱり頭に入ってこない。本当に絶望的になる。そしてまた煙草に手を出してしまうのだ。

 

私はとうにオッサンであり、どうやっても若返ることはできない。気付いたらオッサンになっていた。時の流れは残酷だ。

 

仲間がいて幸せな時間を沢山過ごしてきた人はきっと穏やかで笑いも絶えず幸せな顔をしているに違いない。

 

いつまでも現実から目をそむけて、下ばかり見て、甘えたことばかり言っていた人間は、良い歳してオッサンになってもそういう顔をしているのだろう。

 

私は私がいない。どこでどこかに置き忘れてきてしまった。それは多分、十代の高校生の頃だと思う。

 

取り返しのつかない時間がどんどん過ぎて行く。人間は弱い生き物だから、楽な方楽な方に自然とむいてしまう。いっそ寝ていた方がいいだろう。

 

だけど、私は寝すぎて苦しい。もう寝るのは沢山だ。それにしても相変わらず息が詰まったように言葉が出ない。それでも今から外に出て、小一時間ほど歩いてこようと思う。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村