yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

何もかも恐ろしく時間がかかってさらに間違いだらけ


スポンサーリンク

自分をダメにした。徹底的にダメにした。だれも得しないのに。だれも困らないのに。そこから一歩も抜け出せない。

 

高校生からの時間がごっそり抜け落ちている。胸が苦しい。シンナーやら覚せい剤などやってはいないのに脳をあまりに委縮させてしまった。

 

買い物は普通にできる。レジに持って行ってお金を払うだけだから。だけどほかにまともにできることがない。

 

イラッとしたり、クスッとしたり、笑いをこらえたり、ドキドキしたり、ワクワクしたり、自ら楽しんだり、人を好きになったり、そういう気持ちがまるで失ってしまった。

 

苦しい、苦しい、親に言ってもまるでわかってもらえない。わかっていたなら、ここまでおかしくなってはいないだろう。

 

恐いとか気味悪いとい感情もなくなった。誰もいない夜道やけもの道を歩いていても何も感じなくなってしまった。完全に麻痺している。

 

これはまずいのだ。人が死んでも何も感じない。心が麻痺している。脳機能がおかしくて、近隣のブックオフの店舗情報をエクセルに貼って、近い順に並べ直すという簡単であろう作業でも、

 

間違えていたり、やり直したり、途中でどこまでやったかわからなくなってしまう。おかしい。異常だ。

 

私はもはやお金がもらえるレベルで作業することが困難になってしまった。

 

心ここに在らずで生きてきたから。もう、赤ん坊みたいにまともではない。

 

一体どうしてここまで自分自身を壊してしまったのか?普通の人ではあり得ない、俺がいない、声が小さい、静まり返っている。

 

犯罪者でもないのに、私はまるで犯罪者かのように外にも出ないで、誰にも会わず一日過ごしている。

 

働きたくない訳ではない。この状態では働けない。困る。だが麻痺している。困るという感覚より苦しいという感じが強い。

 

これやってみてと言われ何か作業をあてがわれたとする→私はやってみるがまず、聞いたことを理解する記憶することが非常に困難で、教えてくれる人にはわからない。

 

やってみるが、恐ろしく時間がかかってさらに間違いだらけということになる。やらなくていいわ。食べるのだけは異常に早い。

 

気付くのが余りに遅すぎた。私はあまりに暗いただのバカだ。子供の頃は明るかった。そのまま大人に成ればよかったのに。

 

死んでしまった。生きながら死んでしまうという、あってはならない、絶対なってはならない奴になってしまった。

 

うー苦しい。誰かを殺してもこの苦しさは消えないだろう。自分を殺しても消えないだろう。

 

しっかして現実を見ろ。もうどうしようもない状況に追い込まれている現実を見ろ。だれにも相手にされていないじゃないか。

 

ああ、まただ。また眠たくなってきた。脳がなにかの眠くなるフェロモンでも出しているのか?

 

きもち悪い奴、変な奴、舐められたらだめだ、しかもしもう、常識とか正義や悪、やっていいこと悪いことが自分の中にないので怒ることもできない。

 

これらが今の状態のままでいさせているのか。誰も助けてはくれない。いろいろあり過ぎて覚えられない。コンビニの仕事すら私には難しい。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村