yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

二度目はないよ。それでも私はできないだろう。


スポンサーリンク

死にたくない死にたくない、死ぬなんて簡単に言わないでほしいって怒られるぞ。

 

精神が子供で未熟なまま大人になっていく。決定的にダメにしたのは、人と関わらず自分のカラに閉じこもったからだ。

 

ヘラヘラしてるバカ野郎で何もできないただのむっつり野郎

 

やばい、苦しい、誰かに何かを伝えるのが困難、自分で何を考えているのか分からないのだから、他人に伝わるわけが無い。

 

死にたい死ねない、殺したい殺せない。だけど死にたい、死ねない、殺せない。

 

演じるってどうやるの?うまくその場をやり過ごすとか、要領よくやるとか、周囲と合わせるとか会話するとかどうやるんだっけ?

 

人の反感を買う、嫌われる。相手にされなくなる。無視される。無視してるのはお前じゃなくてされてるのがお前。そんなこと言われたわけではない。

 

セックスなんてお金を払わないでやるもの。おかしい。お金を払わないとできない時点でおかしい。

 

気が狂う。すでに気が狂っている。父も母も何も言わない。金カネかね。働け働け仕事しろ。ただそれだけか。

 

ああ、私には自分の考えが無い。頭が悪すぎてガキの使いぐらいしかできないだろう。

 

想像、予想、予感、そういうものを失った。こうすればこうなる。普通の人では、普通に生きていたら絶対なくならない人としての当たり前の感覚や感情、これを失った。

 

あれだけそれを親父とお袋に伝えたのだが、まったくわかってもらえなかったようだ。ただ、お前は信用できないそれで終わりだ。

 

俺が悪い。すべて俺が悪いのだろう。信用を失ったら人として終わりだ。だが、その信用や約束の重大さもわからずただ、優柔不断なまま物事が決められない男になってしまった。

 

人の言いなり、満足感はない。やることなすこと中途半端で、良く確認や調べもしないでやるものだから、意味が無い行動を行ってしまう。

 

そこは、もう両親でも誰でも救えない部分なのだろう。現実逃避して、自分を殺して救えない人間になってしまったのだろう。

 

若いうちならまだ相手をしてくれる人もいるだろう。だが、歳をとったらだれも相手にしてはくれまい。

 

ちやほやするとか、おだてるとか、ちやほやされるとか色々あるし、できるでしょうよ人間ならば。

 

私はただただ自分を卑下して、言われるがまま、されるがまま。不安感と言葉の詰まりで苦しいだけだ。

 

腕は細り、体はブヨブヨ。誰も相手にしてくれる人はいない。両親ともほとんど会話をすることもなくなった。

 

私は苦しい。それでも何もしない。何もできない。今何をしなくてはいけないのか?何をすべきなのか?自分自身がわからない。

 

だけど誰も何も言ってはくれない。甘えてるだけだろう。こんなに苦しいだけなのになんで生きている必要があるのか?

 

どこかに行こうか?別にどこにいったっていいんだ。だが私を縛り付ける。心配するさせるがわからない。

 

この状態はだれにもわかってもらえないのが苦しい。私は私自身で自分を恥ずかしい奴にしてしまったのだ。精神は現実から逃げ、肉体はあるが、不安感意外、何も感じない。

 

二度目はないよ。それでも私はできないだろう。ああ、苦しい、自分を出せない。絶対になってはいけない自分に私はなってしまったのだ。

 

これらが今の状態のままでいさせているのか。誰も助けてはくれない。いろいろあり過ぎて覚えられない。コンビニの仕事すら私には難しい。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村