yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭がボーっとしていつも眠い、無気力、気力がわかない。やる気が起こらない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

自由になるのと同等に幸せになりたい


スポンサーリンク

やばい。何も知らない知ろうとしない。いやそんなこともない。

 

あまりにひとりでいすぎて、だれとも普通のやりとりすらできなくなってしまった。ネットや新聞、テレビからでしか情報がはいってこなくなってしまった。

 

動けない。動きたくない。酒を飲んだりするわけでもないけど、昼間一日中そんな状態だ。

 

トイレが臭かったから掃除した。弟がつかったあと臭くなるから、弟が汚すんだと思う。

 

木村拓哉(キムタク)が映画の宣伝をあっちこっちでやってたみたい。Youttubeでみた。イイ男、カッコいい。誰からも羨望のまなざし。スーパースターという奴か。同じ人間だけど天と地の差。

 

リア充はいつでもリア充なのがあたりまえ。私といると誰もが暗くなる。憂鬱になってしまう。

 

腐りきっていた。笑えない。死んだ。ほんとはリアルで死ぬしかないところまで落ちている。だけど死ねる勇気などない。

 

体の力が入らない。私は誰だ。お金を家にいれないといけない。だけど稼ぐ力が無い。働けというだろう。何をすればいい?どこにいっても誰も近寄ってはこない。指示されていることも分からない。

 

周囲はイライラするだけだろう。Amazonで売れた商品を発送しなければならないけど送るための箱がない。ひゃっきんで買ってきてさっさと発送しないと。

 

家を出たくない、店まで行けない。動く気になれない。アフリカでハエがたくさんたかっている子供の画像をみたことがある。同じぐらい無気力だ。

 

生き生きしていない。何もする気になれない。さすがにでて行けと言われるだろう。どこに行けばいいのか。

 

何をやってもダメなのだから、人の5倍は努力しないといけないのに、何もする気になれない。意欲がわかない。

 

怪しい、幽霊みたい、いつでも常にボーっとしている。顔が苦痛で歪む。

 

夕刊フジ日刊ゲンダイに掲載されている三行広告に興味を持っていたことがあった。怪しいネオン街の裏道、ピンク系の看板、お店に興味をもっていた。今は一切見る気にもなれない興味もない。

 

くだらないことにお金を使いすぎた。ここまでダメにしてしまう前に手を打たなくてはいけなかった。

 

あきれ果てて何も言えない。ゴールデンウィーク中もずっと部屋にいなくてはいけない。閉じこもっていないといけない。

 

いや、べつに閉じこもる必要などないのだが、そうさせている。情報は入らない。悶々としている。動きたくない、苦しい、死にたいとそればかり思っている。

 

やばい、だれが好き好んであやしいやつになどなろうか。自分が父親になったとき、こういう親になりたい、恥ずかしい大人にはならないって考えていたはずなのに。

 

弱い者いじめはしてはいけない。自分は弱い者になってしまった。見限られる。親から、友人知人から。見限られる。

 

神様。僕は普通じゃない。明らかに普通ではない。徹底的にダメにしてしまい、もうどうにもならないところまできてしまいました。

 

よく生きてこれたな。そういわれたこともありました。兄弟がいて両親がいて僕も普通でいいはずなのに、

 

自由=幸せとは限らない。人や社会と一切関わりが無い、誰からも期待されたない、誰からも必要とされない。それは無人島でひとりで暮らしているようなものだ。

 

叶えたい目標があったり、果たしたい役割があったり、必要としてくれる人たちがいたり、守りたい人たちがいるから、僕たちは日々生きがいを感じていられる。

 

自由になるのと同等に幸せになりたい。とはいえ、私は普通の人と状態が違う。もはや幸せというのがどんな状態なのかもわからない。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村