yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

寝ぼけた状態で寝ぼけた人生を送ってしまった。


スポンサーリンク

結局、今の自分になってしまったのは、自分自身の人生、友達、友情、彼女、生きることそのものをないがしろにしてきた結果なのだと思う。

 

病気で2週間入院したとき、職場の人は誰ひとり見舞いには来てくれなかった。退院してから私から1人ひとりにすみませんでしたと挨拶をして回った。友達も誰ひとり来てくれなかった。

 

友達はいない、知られていないから当たり前だ。

 

あまりに、あまりに私は自分をバカにしてしまった。この代償は果てしなく大きい。この孤独からは抜け出すことはないかもしれない。

 

誰かの同情がほしくてこのブログを書いているのだろうか。いやそんなつもりはない。ただ自分の考えや思っていることを書いているだけだ。

 

1人になってもどこに行ってもその場で新たな知り合いや仲間を作れる人。楽しめる人。こういう人にならなければいけないというのに。

 

今はスカイプ一つで世界中の人と話せる時代だというのに私は押入れに閉じこもってじっとしているような生き方をしている。

 

良い歳して何も知らない、常識も知らないどころかまともな話すら出来ないでいる。暗い。そんな奴だから人は近寄らず離れる。私は自分から近ずく努力をしなければいけないのだが、私からも離れる。

 

人と関わりを断った状況で良い情報が入ってくることはない。私はちゃんと愛されてきたはずなのに、徹底的に自分をダメにしてしまった。

 

言わなければ分からないこと、言わない方がいいことまで友人にベラベラ話した。人が聞いたら墓場まで持って行くような恥ずかしいことすら話した。心の中身まで見せてしまった。

 

他人からは蔑まされ距離を置かれるだけだ。ああもう私のようなただの雑魚に用はない。生きている価値などない。

 

まともだったら、天気の良い日曜日は子供と公園で遊んでいただろう。

 

だれもいない。外に出ないでたくない。このまま生きていけるほど世の中は甘くはない。だけど私は廃人のようになり、何を言っているのか理解ができない。

 

それでもお腹は減る。本当は辛いのに大丈夫だよと言える人間性を磨かないと。私はガキのメンタリティのままやわな大人になってしまった。

 

誰からも呼ばれないことを憎むのではなく、誰からも呼ばれない人間になってしまった自分を深く反省すべきなのだ。

 

ダメだ出来ないやろうとしない。これは最悪。もっと遊びな、人生を楽しみな、アクティブに動きな。やばい、寝ぼけた状態で寝ぼけた人生を送ってしまった。

パソコンばかりみていて目は悪くて認識できなくなりました。こんなに天気がいいのに外にでたいと思いません。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村