yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

背中を丸めて手を股間にあてて体をよじらせて苦しんでいる。


スポンサーリンク

今日は休み。朝10時頃なんとか起きてコーヒーとリッツを食べた。腹は空いていない。

 

ああ、もう本当にガチでやばい。何を考えているのかわからない。体が重い。重くて動けない。外にも出られない。出たくない。背中を丸めて手を太ももにあてて体をよじらせて苦しんでいる。

 

ため息ばかりついて苦しい。さわやかさの欠片もない。徹底的になまけて体がブヨブヨ、誰からも好かれない。精神病院に入りたくないけど入りたい。

 

同級生のあいつにこんな姿をみられたら刑務所に行って生活をやりなおしてこいなんて言われてしまうだろう。

 

時間がもったいない。何かしないといけない。何もやる気になれない。誰か助けてと依存心をもつ。私は底なしの苦しみの中へ自分を追いやってしまった。

 

足腰は弱まり体はフラフラしている。よだれが垂れている。机に突っ伏してくだらないインターネットのナマ配信をきいている。時間がすぎる。体が重い。動きたくない。腕も上がらない。

 

車がほしいとか、どこかに遊びにいきたいとか、彼女がほしいとか普通に思うはずなのに、元々運動神経が悪いはずでもなかったのに。

 

ああ、このままではまずい。動きたくない。しゃべりたくない。話すことは暗く気分を落ち込むことばかり。

 

天気がいい。釣りでもいけたらいいのに。退屈?誰も何も言わないのに動けない。いったいなにをしているのか。

 

時刻ちょうどに壁にかけてある時計の音がなる。この音ですら不快に聞こえる。11時ジャスト、また音がなる。昼飯の時間が近づく。規則正しい母親は必ず昼飯を作る。

 

私は呼ばれる。下に降りて行くのもおっくうだ。だがあともう少したら昼飯をたべる。もうすぐ12時ちょうどの音が鳴る。お腹はすいていない。動きたくない。だけど昼飯をたべる。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村