yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

障害年金を申請するため、年金事務所にいった


スポンサーリンク

私は精神科・心療内科の病院、クリニックを計5か所いったわけだが、なぜそんなにいくつも行ったのかというと、自分の中にある猜疑心から、信頼できなくなってしまうからだ。

 

それとこれは私の行動の全てのことに言えるのだが、後先なにも考えずに思い付きで行動してしまうといったところもある。

 

障害年金を申請するため、年金事務所にいったら最初にいった病院で医師から受診状況の証明書を書いてもらう必要があると言われたのでいってきた。面談料と書類で16,000円かかった。

 

書類をうけとりそのあと年金事務所にいったのだが、今度は初診から1年6カ月プラス3ケ月以内、今年の1月~4月にかかった病院で診断書をもらう必要があるというではないか。

 

あと子供の頃から現在までの病歴も3~5年単位ぐらいで書いて出さなければならない。

 

細かいことを説明されても私の頭では正直よくわからなかったのだが、とりあえずまた他の病院に連絡して書類をもらいにいかなければならない。とにかく手続きがいろいろ面倒だ。

 

こんどの診断書もたぶん有料だろう。しかもこれらをそろえて申請しても障害年金はもらえないかもしれない。申請が通らなければただお金と時間をドブに捨てることになってしまう。

 

まぁそれはそれで仕方がない。

 

病院では予約しても1時間近く待たされた。その間テレビを見ていたが、やっぱり眠ってしまった。年金事務所でも待たされて同じくテレビをみていたが眠っていた。どうしてこうも私は眠ってしまうのか。

 

たぶんいつもボーッとして緊張感がなく、何かを見ると脳がスリープモードになってしまうのかもしれないけどこれは非常に困る。

 

私はこれからどうしたらよいのだろうか。いつもいつもそんなことばかりを考えている。

 

結局は親もあてにできない。もう年老いている親をあてにする方がおかしいが、他に頼れる人もいない。もっと親が若いときになんとかすればよかったけど、今さらどうなるはずもない。

  

頭が悪すぎて不器用過ぎて何もまともなことができず、何一つ身につけられない。努力して報われるならまだましだ。だが私のようなバカ者は一体どうすればいいのか。

 

言葉でさびしいと思う、そうすると心は寂しさでいっぱいになる。苦しい、他のことが何も手につかなくなってしまう。かといって誰にいえるわけでもなく、ただただひとり寂しさ心苦しさに耐えているだけだ。

 

カッコつけている訳ではなく。本当にヤバイ状況なのだが、もはや何をすれば、どうしたらよいのかすら分からないのだ。

 

部屋の中を意味もなくウロウロしているのは、動物園のオリの中に閉じ込められた動物と同じだ。私の知能は動物並のようだ。

 

せめて弁がたてば何とかやっていけるが、私はまともに話せない。嘘をつかれたり騙されたりしても分からない。普通の人なら激怒するようなことをされてもそれがその場で分からない。自分が困ることなのにだ。

 

ああ、また不安でタバコを買ってきたくなる。ブログにこんな意味のないことばかりつづって何になるのだろう。多少なりとも生産的なことをしなければ。

 

明日は出勤だ。行きたくないけど行かなくてはならない。

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村