yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

ナルコレプシー(ジェリノー症候群)という睡眠障害なのかもしれない


スポンサーリンク

眠い眠い。寝ても寝ても眠い。食べたあとはとくにそうだが、本でもネットの記事を読んでいても、話しを聞いていてもいつの間にか眠ってしまう。興味のあるものを読んでいても眠っている。

 

昨日、スターバックスにいきコーヒーを飲んだが、スマホを見ながら眠っていた。昼間、仕事中でも眠ってしまう。そういえばお酒を飲んだ仕事の歓迎会の席でも眠ってしまった。

 

夕べ寝たのは3時だが起きたのは昼11時、たっぷり8時間は寝ているはずだが、それでも眠くなってしまう。体を動かすのも億劫でしかたがない。

 

私は自分を徹底的に怠け者にしてダメにしたと思っている。人が誰も寄りつかずまともに会話すらできず、頭が悪すぎて仕事すらまともにできない。

 

ただ、やる気が無いという訳ではないのに、眠くなるのはなぜだろう。ずっと眠いというわけではなく、決まった時間というわけでもなく、急に眠たくなって寝てしまう。

 

ナルコレプシー(ジェリノー症候群)という睡眠障害があることをブログの読者さんから教えてもらった。

 

↓こちらの記事をみると

health-to-you.jp

 

夜しっかり眠っているはずなのに昼間も眠くてしかたがないという場合や、実際に昼間も眠ってしまう病気の原因はいくつか考えられますが、最も代表的な過眠症としてあげられるのが、ナルコレプシー(ジェリノー症候群)という睡眠障害です。

 

ナルコレプシーにはいくつかの症状がありますが、特徴は日中に突然強烈な眠気に襲われ、そのまま眠り込んでしまうというのが典型的な症状です。

 

例えば、授業中や会議中、運転中や危険な場所での作業中など、常識的に寝てはいけない状況であっても、突然眠ってしまう病気です。

 

ナルコレプシーによる日中の眠気は、日中ずっと眠いというよりも、突然ストンと眠りに落ちてしまうような感覚があるのが特徴です。突然意識を失うことに近いといってもいいでしょう。

 

と書いてある。原因として脳の神経回路のスイッチの役割をしている物質が不足することで起こると考えられているそうだ。

 

電機のブレーカーが落ちるように突然脳が活動を停止して居眠りをはじめるらしい。

 

きちんと調べたわけではないので何とも言えないが、このナルコレプシーという症状に近い気がする。

 

私は困っている、とはいえ自分以外の他人にとってはどうでもいいことでしかない。

 

苦しい、寂しい、お先真っ暗・・・こんなことばかり親に言っていたら親を苦しめているだけなのに誰にもいえず、最近は父親にいってばかりいる。

 

なんで楽しい方をみれないのだろう。ただ、私のように本当にぼっちで頭が悪い人間はいったいどうやって生きていけばいいのだろうか。

 

あんたの居場所なくなっちゃうよって母親が昔、言っていた。私はその意味が分かっていなかった。ただ将来を決める大事な時期に寝てばかりいた。

 

みんな大人になってお酒を飲みはじめ、いろいろな経験を積みはじめていたとき、私はいつも1人でどこで何をしていたのかだいたいわかっているけど、それが何歳のときだったのか覚えていない。

 

ただその日暮らしだった。苦しい話ができず、笑えず、何事も楽しいと思えず、いつもひとりでバカな頭をさらにバカにしてしまった。

 

死にたい死にたいと思う。だけど自殺したくない。

 

自分1人で部屋にいてブログの記事を書いていても苦しい。こんな自分になってしまい、両親や兄弟に申し訳ない。ほんとうにいつもそればかり思っている。

 

不安感からやめたタバコを買ってしまう。父にタバコを吸っているというと何もプラスにならないことをしてとかなり怒られた。今の私の状態で火事でも起こしたらどうするのだと。

 

ゴミ箱にまだ入っているタバコを箱ごと捨てる。だがしばらくするとまたゴミ箱から取りだして吸ってしまう。

 

ああ、親が死んだら私は本当にどうなってしまうのだろうか。情けない本当に情けない。だけどその日は必ずやってくる。

 

せめて安心して幸せだったと思わせてあげたい。

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村