yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

催眠療法にいってきた。言葉が発せず声をだして笑えず本当に苦しい


スポンサーリンク

最近、ほぼ毎日のように父親と電話している。言葉が話せなくて声を出して笑えなくて苦しい。胸につかえている。これも伝えた。

 

それにしても私は本当にまともな事がなにもできない変な奴になってしまった。今したことをすぐに忘れてしまう。いつも夢遊病者のように日々が過ぎていく。

 

一昨日、定期のスイカを忘れて切符をかったのに今日も忘れてしまった。ADHDの症状がひどい。仕事も聞いてもまったく理解していない。

 

ところで先日、催眠療法にいってきた。所長がカウンセリングで話しを聞いてくれたあと、女性スタッフが催眠状態になるように誘導していく。

 

イスにすわって振り子を手に持たされた。女性がだんだんゆれていく、もっともっとゆれていくと誘導すると、私が手にした振り子はどんどん大きくゆれだした。

 

基本的な誘導のあと、イスを倒して部屋を暗くして呼吸をととのえ、全身の力が抜けるよううながしていく。ひととおり誘導が終わると、女性が部屋をでて所長が入ってきた。

 

私は誘導されて暗い部屋で脱力していた。普段の無気力状態とさほど変わらない。そして所長が私にプラスの催眠暗示を唱えてだす。

 

2時間ぐらいの療法で、金額は27,000円だった。1回税込10,800だとばかり思っていたら初回はそれだけかかるらしかった。

 

10回分購入すると1回無料になるようなので、そうしようと思っていたけど、とりあえず毎週1回通ってその都度払うことにした。とはいえ1回行った後、2週間ぐらい経つがそのあとは行っていない。

 

私のやっていることがめちゃくちゃなのは相変わらずだ。本当に気味の悪い変な奴になってしまった。女性からまったく相手にされないどころか避けられてしまう男になってしまったことが悲しい。

 

私は人をすぐにイライラさせたり、人として当たり前のコミュニケーションすらとれず、自分の言葉と明るさを殺してしまったのだ。

 

自分の世界に閉じこもり、頭と心があまりに小さくなりすぎてまともな思考すらできない。

 

いつも脳裏にチラつくのは、死ぬほど好きだった同級生の人だ。清楚でとても美人だったから仲のよい友達も好きになっていた。こんなことを良い歳しても考える、私は年だけとった甘えたガキのままなのだ。

 

 

 

ああ、彼女も私を好きでいてくれたのに、私はほんとの自分を知られてしまうと彼女をうしなってしまうと思った。それが恐くて頭を良くしたかった。強くなろうと思った。

 

それが逆に気づけば私を暗闇の底の世界におちてしまった。そんな私を見て彼女は笑って逃げていった。

 

私は自分の世界に閉じこもり、現実と過去と妄想の世界でがんじがらめになっている。

 

まともに人と会話すらままならない。相手の話が理解できないのだ。私が話せばその場にいる人は・・・となる。

 

仕事では同じミスを繰り返し、なにもかもが記憶に残らず、職場の人と仲良くするどころか逆に人間関係を悪くする発言や態度をしてしまう。自分をコントロールできなくて、いつも不安と重ぐるしさに包まれている。

 

五体満足なのに生きながら死んでいるような生き方をしてしまい、親兄弟に申し訳ない。体に障害を持っていて辛くとも自分のことだからと生きている人に申し訳ない。

 

幸せになるために生まれてきたというのに、自分のことばかり考えて周りを不幸にしていることも気づかずにいて申し訳ない。気づいてもあまりにバカすぎてもはや、どうしようもない。

 

ただ、ガンでも痛みもないけど胸に詰まっていて言葉がはっせず、どこにいても孤立してしまう、部屋にいても苦しいから死にたいと思ってしまう。

 

そういっていても食べて寝ている。寝るとにかく寝るけど苦しいのだ。寝てあっという間に時間がすぎて朝になる。

 

このまったく向上したいという意欲がわかない無気力感はなんなのだ。ただ食べて寝るだけ、仕事はろくに出来なくてもそこにいれば時間給はもらえる。給料泥棒に近いのかもしれない。

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村