yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

【再現ドラマ】成人期ADHD 当事者 執行泉さんの半生


スポンサーリンク

私はまさにこのような状況でずっと苦しんできた。今も派遣の仕事すらまともにできず、自分の身の回りの世話で一杯いっぱいになってしまう。

 

youtu.be

 父親に精神科での診断結果を見せていらい、私は職場でも何も話せず、周囲からほとんど相手にされない、物忘れがひどすぎて、ただただ苦しいさびしい辛いと訴えていた。

 

最近、毎日のように父親から電話がくるようになった。その都度わたしはぐちをこぼしてばかりいた。死にたいと弱音を吐きまくっている。

 

今の私はもうまともな判断ができない。なにかを決めて行動することすらままならない。父親はもう限界だから仕事もやめて帰って来いという。ありがたいことだ。だけどもそれすら行動にうつせない。

 

12月で派遣の契約がきれる。更新するかどうかを決めなくてはならないけど決められずにいる。他に移ったところで人の名前、仕事を覚えるのがこんなんだし要らないと言われる可能性がひじょうにたかい。

 

 うつ病は甘えだという人がいる。仕事には行けているし、起き上がれない訳ではないから、私はうつではないと思う。ただADHDでないとしたら、ただの怠け者の愚か者でしかない。

 

今日、以前やっていた所とは違うボクシングジムの体験にいってきた。以前のところはアマチュアが多くて今日はプロが多いジムだ。

 

トレーナーとのミット打ちはやはり楽しかった。だがシャドーやサンドバッグはずっと無気力だった体にはすこし辛い。

 

明日はキックボクシングのジムに体験してこようと思う。体を強制的に動かして自分を自分自身で救おうとしている。

 

若い人に混じって現実の自分がなぜここまで人生をダメにしたのかシャドーボクシングシャドーボクシングで鏡を見ながら思っていた。

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村