yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

アフィリエイトは頭脳労働。今からお寺にいってくる


スポンサーリンク

ああ、まともなことが何一つできなず、不安で不安で仕方がない。

 

自ら学んであれもできる、これもできるというようになった方が経済的にも人生も豊かに生きられるというのに学んでも覚えられない身ににつかない。

 

どうせやっても無駄かと思うと不安になって、またダラダラ他人のネット配信をみることで気を紛らわせて、無駄に時間がすぎていく。本当は不安だからこそ、一生懸命勉強しないといけないのに。

 

まともではない。死ぬに死ねない。こんなになるまで親、兄弟はなぜ私を放置したのか、見放したのか。ふつう身内がピンチになっていたら、どうにかしようと動くのではなかろうか。

 

私は自分が発することばや態度で周囲にいる人にどう思われるかとかどう反応するとかまるでわからない。人から信用されなくなるとかわからない。人としてまともな感覚などが育たなかったと思う。

 

高校で部活動をしていれば、自分が明るくすることで周囲を明るくするとか周りに合わせた動きをしたり、まだまともなことができていたのではないだろうか。

 

やばいやばい、1人でいる時間が長すぎて、もはや誰とも話が合わない。人はおかしな奴だとみなすとすぐに離れていく。街頭で街宣カーに乗った人間がスピーカーでなにやら話していた。

 

世間一般の人でああいう人に自ら近づく人はそうはいない。ヤクザにしてもそうだ。

 

自分の住む街で、お祭りが開かれている。ハッピをきて神輿を担いでいる。地元の人たちか。あの中に混じって神輿を担ぐにはどうしたらいいのだろう。

 

私は自分から人に声をかけられない。話もできない。人と交わることができず、本を読んでも記憶に残らない。困った。

 

HP制作でHTMLとか一生懸命覚えて就職したのに結局、退職せざるを得なくなり、職業訓練校にいっても新しいことがまるで覚えられずにやめてしまった。

 

アフィリエイトで生計をたてようとしても、アフィリエイトは頭脳労働で単純なものではない。案件選び、キーワード選び紹介するための記事がしっかり書けなければならない。まったく簡単ではない。

 

たとえ一時、稼げるようになったとしても、稼ぎ続けることは相当むずかしい。かといって、今の派遣社員の立場ではいられない、引越しなど肉体労働はこの歳になってやるのは厳しい。

 

もう本当に、この年まで何をしてきたのだろう。人と交わらないということがこれほど自分の人間としての成長をつんでしまうものだったとは。

 

結局、私のように何のとりえもない人間は、公務員か安定した会社に入って真面目に働き、お給料をもらって生きるべきだったと思う。悔やんでも、もはやどうすることもできない。

 

家の宗派のお寺が近くにあった。今から、お寺にいってくる。

 

お寺から帰ってきた。お坊さんと1時間ちかく題目をあげた。物心ついた時から拝まされてきて毛嫌いしていたのに、ひとりで行くことになるとは思わなかった。

 

時計もみずにお題目が時間ぴったりに終わった。お坊さんは他の宗派に浮気することなく、これを毎日やってるんだからすごい。

 

この漫画なかなか面白かった。

orangestar.hatenadiary.jp

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村