yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

ポケモンGOの話しに加われなかった。私はミスター


スポンサーリンク

4つめの病院で3度めのしんさつをしてきた。

 

先生と少し話して、前回と同じ薬を処方されて終わり。少し前まで、私はせまい家の中をウロウロし、自分の頭をソファで打ち付けていた。

 

親も呪うほど憎しみの感情にとらわれ、毎日、死んでしまいたいと思っていた。現在はそこまでおかしくはなっていない。精神的には比較的安定しているようだ。薬のお陰だろうか。

 

仕事にもいけている。だだ相変わらずミスは多い。昨日も自分がやった作業で、相手に迷惑をかけ、やり直さなければならないものが2件あった。

 

私の作業ミスのため、他の人があとでカバーする羽目になったものもあった。これらはみな無駄な時間でしかない。私は真面目にやっているのだが、本当によく間違える。抜けてしまう。

 

それが普通の人では考えられないようなおかしなミスをしてしまう。自分自身では、ひとつひとつ何かをするたび作業がとぎれる、ブツ切りになって連続していないというような感覚がある。

 

記憶力、注意力、判断力が低くて、まともなことができない自分がかなしい。周囲の人に軽視されたり、舐められたりしてしまうのが悔しい。

 

職場で、いま話題のポケモンGOの話しで盛り上がっていた。レベルがいくつだなんだとみなが主張して楽しそうに話していた。私は案の定だまりこくっていた。

 

あまり興味が沸かないのだが、自分もとりあえずダウンロードしてみたし、昼飯のときに同僚からゲームの内容をおしえてもらったので、皆がはなす内容も理解できるのだが、私はいっさい話しに加われなかった。

 

これはもう高校生のときからだ。だから私はズレがはげしいのだ。まったく自分が出せない。なぜだろう。たぶん私が何か発したところで場がシーンとなったり、おかしな空気がただようことだろう。

 

組織やグループの中にいて、こういうキャラにしてしまっては絶対だめだと思うが、自分自身でそういう風にしてしまうから、どうしようもない。

 

皆の話しを聞きながら、自分はなんでこんな風になってしまったのだろうとずっと思っている。

 

同じようなミスを繰り返す、違ったミスも繰り返す、雑談がまったくできない。これでは社会から必要とされなくなってしまうのも当然だ。

 

右脳は左脳で考えたことを実現してしまうらしい。右脳とは潜在意識のことで○○できないと考えたり言ってしまうと善し悪しは判断せずにただ現実にしてしまうという。

 

だから本当は、いつもミスを繰り返すではなく、いつも正確な作業をしていると思い、考え、口にしなくてはいけないのだろう。

 

しかし、私のように負け犬根性がベッタリ染みついてしまった人間にはかなりハードルが高い(というかハードルが高いと思ってしまう時点でダメなのだろう)それでもどうにかしたい。

 

どうしてこうなった?私はミスばかりをおかしてしまうミスターだ。

 

原因があるから結果があるわけだけど、原因をしったところで仕方がない。

 

たぶん、私はあまりに1人でいたので、脳の会話をする部分が発達しなかったのだと思う。短期記憶も悪いので前頭葉も発達しなかったのだろうと思う。

 

もう、まともじゃないけど、まともになりたい。皆と普通に雑談に加わり盛り上がりたい、楽しみたい。普通の人には普通のことだ。

 

そうなるために、いったい何をしたらいいのだろうか。神や仏やスピリチュアルな方にいくとそれは遠ざかるような気がする。

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村