yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

滝行にいって生き返ったかもしれない、おっちゃんの話し


スポンサーリンク

滝行修行にいってきたのでここに記す。

 

1日目、あいさつの仕方から、密教の文言、般若心経をとなえ、写経をし、お百度参りをして滝に打たれた。最初、あまりの水の勢いと冷たさに身を震わせた。

 

打たれながら唱える文言も自分ではないような、自分で声を出しているのだが、誰かが泣いているような声をだしていた。

 

2日目、足の裏は昨日のお百度参りで豆がすこしできていた。体は重くて疲れていたけど、追い打ちをかけるようにさらに辛い行がまっていた。

 

繰りかえし、繰りかえし、ひとつの文言を声をだし唱えながら、立って座って同じ動作を繰りかえした。汗はしたたり落ち、ひざは痛くて、体は重くて動かない。

 

それでも一向に終わらず、延々と行じさせられた。これは、本当にただただ辛く苦しかった。

 

中学生の子や女性ががんばるなか、自分はヘロヘロになっていた。もし、明日もやらなければならないとしたら逃げ出したくなったと思う。

 

この行をやりながら、自分は本当に根性なしのヘタレだったことを痛感した。

 

密教の僧侶はこれを毎日のようにおこなっていたのかと思うと、想像をぜっしてしまう。十代や二十代の体が動くときならまだしも、今の自分ではとてもじゃないけど無理だ。

 

この行と食事のあとの後片づけ、掃除などをおこなったことで、自分がこれまで、いかに怠けてきたのか身にしみてわかった。努力しているふりだけだった。

 

というよりも自分が一体、今なにをしているのかすら良く分かっていなかった。

 

2日目もお百度参りと滝行を行った。お百度参りで体を温めてから滝に入るのだが、2度目もやっぱり水の勢い、冷たさに圧倒されつつも1度目よりは声も姿勢もましになった。

 

お寺をあとにして、帰路につく道すがら、びっくりすることがおこった。なんと缶コーヒーが美味しすぎるのだ。

 

いや、それもそうだが、なんと視界がくっきりと視えるのだ。視力がよくなったというのではない。とにかく全てがクリアにみえる。

 

頭もクリアだ。なにかススがはらわれたような、これまで重くのしかかっていたものがとれてスッキリした感覚なのだ。

 

自分の住む駅について周りを見渡してもやはり同じようにクリアだ。今まで病院にいき、薬を散々のんでもまったく変わらなかったのに、自然に触れて滝に打たれて行をして、必死に声を出したことで、世界が違うような、元にもどったようなとにかく見え方が違うのだ。

 

これは、もしかしたら憑きものがとれたのかもしれない。今、なんかこれまでのことはもういいから、これから精一杯いきていこうと前向きな気持ちになれている。病院に行く前に滝行にいっていればよかった。

 

今回、同じ修行で中学生と知りあった。悪ガキ2人と女の子が1人の中坊だ。悪ガキに普通におっちゃんと呼ばれ、ズバリ年齢をあてられて軽くショックを受けた。

 

だけど、普段おとなの世界では誰もちかよってはこない自分に無邪気にはなしかけてきてくれた。話し相手がほしかったのもあるのだろうが、普段、中坊と話すことが無いこちらとしては新鮮だった。

 

ところで、やっぱり人間は自然の中にいたほうがいいんだと思った。これまで失った時間や人間関係、無くしたものは取り戻せないけど、感情や感覚はとり戻したい。

 

また心にすすがたまったときには、公園のようなところではなくて、周りが木や川、海しかないようなところに自分の身を置く。まず自然に触れる。そして体を動かして声をだす。これをやっていこうと思う。

 

これまでは流れ流され、フワフワした人生を生きてきてしまった。悪かったのは親兄弟ではなく、結局は自分自身でしかない。

 

心から反省して今後は、自分はいったいこれからどうしたいのか、今の自分は何ができるのか。しっかり考えて自分をもって一歩づつでも進んでいきたいと思う。できればこんな自分でも人のためになりたい。

 

滝行にも大学生が仲間できて楽しそうにしていたり、カップルで来ていた人もいて、1人できている自分をまた卑下したくなったし、帰りのバスで川遊びをしている家族をみたり、電車でサークル仲間で楽しそうに話している人らをみると、

 

自分がひとりなことや経験できなかったことで悔しい、自分はつまはじきにされた存在、という気持ちになりかけたけど、人は人、自分は自分と思えたので、滝行に行ってそういうネガティブな部分も少し治まったような気もする。

 

とはいえど現実にもどり、仕事で、周りの楽しそうな若い人たちを見て、今後もまた凹んでしまうこともあると思う。KYなことを言ってしまったり、適切に動けなかったりすることも多々あると思う。

 

だけど、俺、まだね、やり残したこと、一杯あるんだよ、明日からまた生きるぞ!

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村