yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

デパケンRとエビリファイと男と女


スポンサーリンク

いいよもう、ほっといて行こうぜ。

 

子供だった頃、友だちが家に遊ぼうといってきた。だけどそのとき、兄弟の中でも一番私をかわいがってくれたおばあちゃんが来ていたので、友達と一緒に遊びに行けなかった。

 

ほっとけば。ほっとけよ。ほっとけ。のど仏。私はそこらのアイドル歌手よりは歌がうまかったはずなのに、もう声がでなくなってしまった。仏さまにお願いするしかないのかな。

 

今日も職場で、仕事のはなし以外は何も話さず、帰ってきた。きっとつまらない奴、暗い奴だと思われていることだろう。だが話すとボロがでる。というか余りに一人ぼっちだったので、会話がままならないので話せないのだ。

 

スポーツしても何をしても、もう私はズレ過ぎていて、一人ぼっちからは逃れられないようだ。常識知らずは恥知らず。ほっとけばってなってしまう。

 

先日から、新たな病院で処方されたデパケンRエビリファイという薬を飲んでいる。しかしどうかな、ちょっとは明るくなってきたのかな。

 

また、タバコを買ってしまった。私がもっとも、情緒不安定になりイライラしてしまうのは、若くてかわいい彼女を連れたカップルを見たときだ。そして家族連れや友達数名で楽しそうに騒ぎながら歩いているのをみるときだ。

 

私はいつも一人で歩いている。同じく一人で歩いている女性とすれ違う。ときどきパッと目が合う、必ずと言っていいほど露骨に目をそらす。フンッとかヤバッとかいった感じで目をそらす。

 

もの欲しそうな目で見ているのだろうか、一人で歩いているから普通に警戒されるのだろうか。どっちにしろ、そういう存在であることが悲しい。

 

なにが悲しいか?私はまず人に好かれない。そして会話が困難である。つまらない奴なので、このまま友人はおろか、女性にも相手にもされずジジイになって死ぬしかないかもしれないということが悲しい。ひとつ空の下、戦火の中を逃げ回っている人がいる。その人たちからしたら、しょーも無さ過ぎるようなことで気を患ってる自分が悲しい。

 

皆、仕事や学校が終われば、合コンしたり、飲みに行ったり普通にしているのに、なんで私はここまで一人で、寂しく恥ずかしい奴にならなくてはいけないのだろう。

 

短絡的な思考でだまされているのすらも分からない。キャバクラとか風俗とかそういうものにお金は使いたくない。自分の身になるものに使いたい。向上させたい。しかし突発的な感情でめちゃくちゃにしてしまいたくなってしまう。

 

人に必要とされない人生ほど悲しいものはない。自分みたいな奴がお金を貯めて何になる?そりゃ将来不安だけどこのまま、つまらないまま年だけ食ってってどうするの?

 

一時の快楽で得るものは一時の喜びでしかない。それはまたすぐ虚しさに変わったりする。わかってるんだけど、衝動的な破壊的な感情を抑えるのは中々むずかしかったりする。

 

だれかに必要とされるって大事だな。だから付き合ってる人がいても弱ってるときに優しくされたり、庇ってくれたりするとフラッっと行っちゃったりするんだろうな。俺にはそんな経験ないけど。

 

でも、もうほんとヤダ。風俗とか行かないと女も抱けないとか、金払わないと可愛い子と話もできないとか。だがしかし、現実は完ぺき嫌な方だ。

 

煩悩のカタマリ、欲望のカタマリ、だけどそこから感情をとりもどしたい。言葉をとりもどしたい。毛布をかぶって押し入れに隠れているような人生から早く抜け出したい。

 

ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村