yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

カイロで骨格を矯正したが、無気力感は治っていない


スポンサーリンク

カイロプラクティックに行ってきた。どこが痛いというわけではないけど、骨のゆがみを正せば、だるさや無気力感から解消されるのではないかと思ったのだ。

 

トムソンベッドという器具を使って、骨盤や首の骨を矯正して、背中の筋肉をほぐしたのだが、初めに仰向けになってくださいと言われて、うつ伏せになってしまった。わざとボケたのではない。

 

足の長さが左右でちがい、肩はガチガチ、首や背骨の歪みも相当きていてよくぎっくり腰になりませんでしたねと言われた。施術すると、右足より曲がりづらかった左足が曲がりやすくなるなど、変化がしたのがかりやすかった。

 

先生は私が来店してドンヨリしていたので、大丈夫かなと思ったらしい。施術して姿勢も改善して少し明るくなったと言っていた。一週間から二週間に一度ぐらいきて、治して行きましょうということなのだが、カイロや整体、マッサージ店などはリピートしてもらってなんぼなので、たいがい継続して通うように促される。

 

まぁ、私は猫背で姿勢が悪くて、歪みがひどいのは事実なので、しばらく通ってみようと思い、来週の予約をいれた。

 

そのあと、眼科にいった。コンタクトを付けていて、アレルギー性結膜炎になったためだ。今回で3回目の通院で経過観察。一日4回の目薬をつけて、ワンディのコンタクトのみしてもよいと言われた。完治はしないかもしれないらしい。

 

街医者はとくに病院に来てくれる患者がいてなんぼだ。何度も通院させて薬を買ってもらった方が儲かる。私は疑り深い。ひょっとして本当の所は、薬がなければダメな体にさせられているのではないかと思った。もうとくに異常は感じないので、眼科は今回で行くのをやめることにした。

 

精神科、眼科、カイロプラクティック・・・行けばいくほどお金がかかる。楽しいと思えることが今はないけど、どうせなら楽しいと思えることにお金をつかいたい。死にたいと思いながら、修復しに行っている。死にたいけど生きたいなんだな。

 

お前はアブナイなぁ、明らかに他と違うよな、女性を襲ったりするなよ・・・少年だったとき、親父から散々いわれた。まともな親だったら、おかしくなったと思った時点でなにかしらの対処をしたはずなのだが、私は放置されてないがしろにされた。

 

自分の存在を殺した。てめぇらのせいで、自分で精神科なんかに通わなければならなくなったんだと今、憤りで苦しくなる。いつもいつも普通に歩いているときも、死ね、さっさと死ねよと思っている。これはやっぱり異常だと思う。

 

部屋で一人本をよむ。だがたいがい、いつの間にかに居眠りしている。

 

カイロプラクティックに行って、一日経ったけど、無気力感や体のだるさは治っていない。戦地のような、リアルに生きるか死ぬかの環境にでも行かないと、私は変われないのかもしれない。

 

色々ダメ過ぎて何をしたらいいのか全くわからない。相談できるひともないから目に見えないものにすがりたい。どこに行き何をしたらいいのか、聞きにいこうと思う。

 


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村