yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

大晦日に仏壇に座るが、今年は座らない


スポンサーリンク

毎年毎年、大晦日で年が明けると、親父は仏壇にいき題目を唱えはじめる。私たち兄弟もいまだに少しの間、仏壇の前にすわる。母親はもちろん、兄弟も逆らわずにすわる。

 

私は座りたくないが、嫌な空気が流れるので仕方なくすわる。というよりは逆らえなくて座るというのが本音だ。子供の頃からの教育、すり込まれた洗脳というのは恐ろしい。

 

題目を唱えているときに、親父は私の名前をだして精神安定だの、就職成就だの、結婚成就だの兄弟をまえに言いやがる。私は兄弟の前で恥をかかされ、恥ずかしい思いをさせされているなど考えもしないらしい。

 

昔ほどではないが、いまだに実家に帰れば、仏壇に挨拶したかといわれる。俺が一生懸命お前のことをお願いしてるのに、お前がそれではだめだろうと。まぁ親の気持ちも分からなくもないが、ウザえなと思い、余計反発したくなる。

 

俺は、神仏は尊ぶが神仏は拝まずだなどと、本で知った宮本武蔵の言葉をいったこともあった。昔だったら、そんなことを言えば激怒したはずだが、何も言ってはこなかった。ずっとそんな関係だった。

 

私は厄年に入院や失業をした。親父を喜ばす意味もあり、お祓いをやっていないのかと聞いた。家の宗派ではそういうことはしていないということだった。

 

お守りを持つよう勧められたが、タダではないだろうし、なんか色々面倒かなと思い、はっきり答えずそのままないがしろになった。

 

父親は今でもずっと毎朝、仏壇に手を合わせ、お供え物をし、題目を唱えている。それはすごいと思うが、やらない方が気持ちが悪い習慣だからできるのだろう。

 

私のような出来そこないのおかしな息子に育ってしまった以外は、大病をすることもなく、普通の会社の定年以上に雇われ社長で長く働き、新築の家も持った。今は引退して、バカ息子の心配はありつつも、ゴルフをしながらのんびり年金で暮らしていて、それは功徳やご利益なのかもしれないと思う。

 

私は、高校を卒業をして大学に行き、就職活動をして晴れて社会人になり、初任給で親になにか買ってあげるとかそういう事が出来なかった。

 

現実は、高校は部活もせず何もしないで夢ばかり見ていた。自分のことばかりで、親の苦労など考えもせず、妄想の世界に浸りきって卒業できるかどうかわからないほどギリギリの状態になってしまった。

 

当然、大学などいけるはずもなかったが、他の皆が進路を決めている中、就職はしたくない、専門学校か進学するか考えはしたものの、やりたいことがあるなら専門学校でもいいが、大学の方が楽しいとバイト先の大学生に言われたこともあり、大学に行きたいと思った。

 

だが今、考えたら血迷った選択だったと思う。一応、予備校には行ったが全然、大学が受かるような学力はつかなかった。親父がテレビばかりみてうるさくて勉強できなかったという環境もあるが、やっぱり記憶力が悪くて、机に座れば妄想がはじまり勉強自体しなかった。

 

同じ高校から新聞配達の住みこみをしながら3浪して一流大学に入学した同級生がいたが、私は結局、確か2回試験を受けたが、どこにも受からず、2年間と予備校の費用を無駄にしただけだった。

 

その後は、実家にいながら日払いの仕事などをしていた。世間的に典型的なドロップアウトしたダメな奴となっていた。その頃はまだ東京の大学に進学した奴と遊んだりもしていたが、今ではもうまったく連絡すらとっていない。

 

自分の存在が恥ずかしいとずっと思っているのは、自分がやってきたことや経歴が、世間に見せられるものではない、知れば引かれる、笑われるものだからだ。

 

中学の同級生が、高校を卒業したころ、私に向かってこのままじゃ乞食になるよと言ったが、その通りだなヤバイバイ、このままではヤバイとずっと思っていた。

 

家庭や生活環境、、持って生まれた性格や気質、周囲の人間、今の自分になってしまった要因はいろいろあり、一概にはいえないが、今幸せとは言えない。

 

努力ができる人間になりたい。結果をだせる人になりたい。何かに自信が持てれば、過去の経歴も笑い話として人に言えるような気もする。

 

今年もすでに半年が過ぎた。

 

今年の大みそかは帰らないつもりだ。

 

 


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村