yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

肉をがっつり食べて、タバコを吸って泳いだ。だけど狂ったまま


スポンサーリンク

焼いたものや揚げものを食べると老化する。わかっていながら、今日は昼飯にいきなり!ステーキでガッツリと肉を食ってしまった。久しぶりに食べたけど、おいしいまた行きたいとは思えなかった。

 

いつものように、ただわけもなくイライラしてやめていたけどタバコを買ってしまった。別にうまくもない。体に毒をもっているとわかっていながら立て続けに吸った。

 

その後、水着を買ってプールで久しぶりに泳いだ。高校生の頃、背を伸ばしたかったのと、体育の授業で女子にカッコよく泳げる所をみせたかったから、スイミングに通っていた。泳ぐのは気持ちがいいから好きだ。だけどやっぱりボクシングジムで汗を流す方がいい。ボクシングは練習して鍛えて強くなればなるほど自信がつくけど、水泳はいくら泳いでも自信はつかない。

 

泳いで風呂に入って帰る時に、家族連れ、子供達、親子、子供達がたくさんいた。みんな笑顔で別れ際、手を振っている。幸せそうだ。

 

俺もまともだったら、とっくに奥さんがいて子供がいたはずだが、そんな温かい家庭など持つべくもなく、そういう幸せに背いてしまった。今はただ一人孤独に苦しんでもがいている。

 

どうしてこんなに閉じこもった?俺は笑顔を忘れた。作り笑いできるけど、ごまかしの、みせかけの笑顔でしかない。ヘラヘラしている。まともに言葉で説明したりできない。

 

明日とあるところで5万円払ってお祓いしてもらう予定だったけど止めた。別な所に行くことにした。

 

一昨年ぐらいに斎藤ひとりさんの100回聞きという音声を真面目に100回聞いた。斎藤ひとりさんは納税額日本一になった人で、商人だが神様を信じる信心深い人だ。

 

まるかんのひとりさんファンが集まるお店に初めて行ってみたとき、たまたま斎藤ひとりさんがその店にきて、会員さんに食事をふるまっていた。

 

会員ではないが、たまたまいた俺も特別に食事をごちそうになり、ひとりさんの話を聞いて俺も話を聞いてもらったことがあった。100聞きの話をまじめに聞いたけど、どうやら俺には無意味だったようだ。

 

ただ何もしない状態で苦しいのはなぜなんだろうか。世間一般の人は普通、霊とか宗教系には興味をもたないし近寄らない。健全な人はスポーツや武道をやっている。

 

スポーツや武道から離れたからおかしくなったのか?精神世界にはまったからおかしくなったのか。

 

明日、スピリチュアル系のところに行ってみようと考えている。だけどたぶん、どこに行ってみてもまともには戻れないと思う。級友から考えられないことをするといわれたことがあったが、私はもうすでに壊れてしまっている。

 

それでも行くのは、ただ今生きていて苦しいだけだからだ。こんな風になるなんて、俺はよっぽど悪いことをしてきたのだろうか。

 

去年の今頃から、精神科処方された薬を3種類まじめに飲んできた。病院では薬が処方されるだけだが、薬を飲んで一体何が変わると言うのだろう。今日もドアノブに鍵を入れっぱなしだった。記憶の落ち込みも、笑顔になれないのも、ずっと一人でいることも、誰かとまともに冗談を言ったり笑ったりするようになることもなく現実は何も変わらないではないか。

 

ゴールデンウィークに帰ってから、親から鍵を忘れていったとメールがあり、今度帰った時に受け取ると返信した以外、親とは一度も連絡をとっていない。

 

普通の親子関係では親を心配して元気?なんて連絡したりするのだろうが、俺は親だけでなく兄弟にも一切するきになれない。

 

生真面目な親を一人でいるとなんでこんなに憎んでいるのだろうか。

  

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村