yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

頭がかゆい。頭をかきむしっている


スポンサーリンク

 ヴォイストレーニングの体験レッスンに行ってきた。1曲歌ってみて、それだけ歌えれば、カラオカでも楽しめるでしょうと言われた。行ってみてそこそこよかったが、入会しようとまでは、そもそも思わなかった。ただ気分転換がしたかった。

 

東京に来て、音楽がやりたかった。ヴォイトレやっていたのに、創価学会の野郎に強引に仕事にひっぱられ邪魔されたんだ。でもくっついていってしまった自分が悪い。

 

強い人に文句がいえない。ずっとそうだったんだ。親父にも兄貴にも面と向かって言えないから、弱い母親にばかり文句を言っていたんだ。

 

情熱、やる気、根性、主張、協調性、意欲、覇気がない、いつも浮かない表情、同じ失敗を繰り返す。薄っぺらい本当に薄っぺらいまま歳をとった。

 

人を避けすぎてきて人とのコミュニケーションがとれない。高校生の頃からだ。何もできない、本も読めない、動画を垂れ流して見ることしかできない。

 

邪魔をする。何かやろうとすると誰もいないけど邪魔をする。頭がかゆい、気がおかしくなって頭をかきむしっている。フケだらけになっていつもフケをはらっている。ドラッグをやっているわけでもないけど突然、部屋から飛び出したくなる。

 

周りと合わせて浮かずに生きれば普通でいられる。自分のやりたいことに一心不乱にできる人は成功できる人。物事が続かない人間が成功できるわけがない。

 

前の仕事、その前の仕事、今の仕事、屈辱感ばかりを味わってきた。恥ずかしい奴、どこかに行って何かをすると粗相をおかす。誰かは俺を恥ずかしくて誰にも紹介したくないのだろう。

 

人間は生来ナマケモノだ。何もやりたくない言いわけで無気力だと甘えているだけ?違うそうではなくて手に付かない、自分の能力を衰えさせてしまった。

 

創価学会のクソ社長とその下で働いていたえばり腐っていた上司が夢に出てきた。俺は夢の中でブルっていた。

 

野球、サッカー、釣り、プラモデル、ラジコン、小学校、中学校までは普通な奴だった。確実におかしくなったのは高校になってからだ。周りは男女仲良くなってくっついたり離れたりしていた。

 

寝れない日はない。逆だ。すぐに眠くなる。すぐに疲れる。自分がいないんだから、何をやっても中途半端になるんだから、何をしても楽しめるはずがない。誰も人がよってこないんだから楽しいはずがない。幸せになれるはずもない。

 

優しすぎる奴は人にもてない。自分に優しくて自分に甘くて人に優しい。

 

弟からカッコだけと言われた。同級生の女はママのおっぱい吸っときなと言った。

 

親父からはここまで負け犬にして立ち直るのは容易ではないといわれた。

 

なんでこんなに自分をダメにしたのか。元々ダメな奴だったのか。

 

親は何も言っていない。だけど自分を抑えつける。いい子いい子で育ったんじゃないの?バイト先の人に言われた。従兄弟の女にも言われた。

 

クソ親父早く死ね、殴り殺すぞこの野郎という思いが沸いてくる。お袋ももう連絡してくんな。俺がすべて中途半端でなにもできないのはお前らの育て方が悪かったのだし、お前らの血がそうさせているんだ。

 

原チャリに乗るのを親父が許さなかったから、友達とも遊べず彼女も作れず、頭が狂ってこんな風になったという思いから抜け出せない。

 

親兄弟が死んでもたぶん涙もでない気がする。葬式も行きたくない。親戚の葬式にも行きたくない。人としての心がないからそう思う。

 

自分を抑えて感情を殺して、気が狂って普通に何かを伝えたり、まともな会話すらできない。狂った頭を狂った自分を隠しながら、平静を装い、やりたくない仕事をいつも謝りながら生きている。

 

いつも衝動的に血迷ったことばかりしている。FM放送は俺には明るすぎる。

 

食って排泄して寝るだけ。犬や猫ならば人間を癒すために存在する価値があるが、心をなくした無能で無気力な人間は生きている価値がない。

  

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村