yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

目がうつろ。来世のために今を生きる


スポンサーリンク

今朝は、駅をおりて会社に行く途中、一流企業といわれる会社に当たり前のように入っていく人たちを見て苦しくなり、何度か立ち止まりそうになった。

 

結局のところ、今ズレた自分がいるのはズレたことばかりしてきたからでしかない。

 

目先の欲にとらわれて、周りが見えなくなり、自分がなにをやっているのかもよくわからず、社会的に落後者になり誰も仲良くしたいと思わない、寄りつかない人間になっていた。

 

目先の欲、とくに性欲、それから金儲け。彼女も作れない自分は、性欲はどうしようもなくて風俗にかよった。ピンサロ、ヘルス、デリヘル、ソープランド、大人のパーティなど若いころは風俗に相当金をつかった。

 

風俗街を歩いたり、女性をジロジロみたり、目がうつろで性犯罪者のような目つきや風体だったかもしれない。

 

今考えれば、愚か者だったとしか言いようがない。

 

ちなみに、40過ぎた今では、風俗などに行くのはお金も時間も、もったいないし不潔だと思うようになり、ぜんぜん行かなくなった。たまにエロ動画などに影響されて衝動的に行こう!となることもあるが、自慰行為でその衝動は解消されている。

 

若いころ目がうつろで、生きざまも糞もあったもんじゃねーと同級生から言われたことがあった。

 

目がうつろなのはいまだにそうで、気力がわかず、やる気がおきずにボーっとしている。

 

今、私はものが覚えられない、人の話がまったく理解できない、自分が今どかしたものや作業すら忘れてしまうという状態で、人とのコミュニケーションもまともにとれず、ああはなりたくないと思われる人間なんだとそれは認識している。

 

母親に電話で恨みを伝えたとき、あんたの生き方がそうしたんでしょうと言われたが、今さらながら自分でそう思う。なぜこんな風になったのか。それは自分の生き方や考え方が間違っていたからなのだと思う。

 

自分に甘く、ふざけた生き方をしていたのに、それをすべて親のせいにして親や兄弟を恨んでいた。

 

ただ、元々そうではなかったし、なぜそんな自分になってしまったのか原因や理由はあるはずで、私だけが悪いわけからでもないと思う。 

 

興味をもつ対象や選んだものによって人生はまるで違ったものになる。

 

車や酒、異性、会社の給与、彼女、結婚、子供、マイホーム等々、興味をもってそれらの話しで盛り上がり、人生を謳歌まではいかなくともそれぞれ気の合う人同士で楽しんでいるのが普通だ。

 

自分の周りに良い影響を与えてくれるような人がいなかったことも事実だし、繊細な自分は悪影響をうけてつぶされた点もあったと思う。

けど、結局は自分の弱さや甘さ愚かさが今の自分を作ってしまったのだと思う。

 

自分は興味をもつ対象がひじょうにせまい。興味を持っても浅い知識で誰かと語り合えることもない。何でも中途半端なのは親父の性格を継いでしまったからというのはある。

 

反省ばかりしてバカだなー。

 

取り返しややり直しがきかない人生、スピリチュアルでは人間は何度も生まれ変わるらしい。私は来世のために今を生きるしかないみたいだ。

 

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村