yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

ただ部屋をぐるぐる回っているだけ


スポンサーリンク

感情のコントロールがきかなくて、部屋の中をぐるぐる回っている。あーあー小声でうなりながら回っている。いつものように精神的に不安定だ。

 

昨日は会社がおわったあと新人の歓迎会があった。

 

私は発達障害者などの就労移行支援をしている会社の説明会に行くよていだったから一度は断ったが、残業でいけなくなったので飲み会に参加することにした。

 

居酒屋にいったのも、他人と色々話したのも久しぶりだった。

 

話したというよりは、職場の人の身の上話しやバカ話しなどを聞いていた。私はこれまで会話らしい会話をしてこない人生を歩んできてしまっため、人との意思の疎通がむずかしい。

 

自分が仕事で使っていた道具で、有名な大手メーカーの会社にいて、中国人の妻子と子供がいる人、アメリカで何年も働き、離婚を2度経験したのち今は同年代の彼女と籍をいれないから上手くいっているという人、

 

中学生になる子供がいて妻と離婚調停中だが、彼女をつくりたがっている人、会社の中にいただけでは知れない事情をいろいろ聞いた。

 

飲み会などにいくと自分があまり何も知らず何もしてこなかったことに、あまりのズレをあらためて認識させられる。

 

会話やリアクション、彼女、結婚、職歴、家族など世間的一般的な人が常識と思う事や共感したり笑うポイントがあるんだなぁと思いつつ、会話の内容が理解できなくて、話している人が笑っているのに合わせて楽しいという感情はないけど、あははと笑っていた。

 

飲み会が終わり、皆が外に出て集まっているとき、帰るときも誰ひとり私に話しかけることも寄ってくる人もおらず、やはりひとりになった。

 

結局、私は孤立してしまう。暗くておかしい気持ち悪い奴のそばには誰も近寄りたくはない。私は幼くて成長が止まったままだ。

 

ビールを中ジョッキ1杯飲んで、人の話を聞いただけでつかれてしまった。帰宅後すぐにPCをつけて、親戚のおじさんの香典返しでもらったカタログギフトで取り寄せたアイスを一気に食べてすぐに寝た。

 

精神的な疲労感でたまらず、シャワーも浴びず、歯も磨かずパソコンもつけっぱなしで眠ってしまった。

 

朝、4時頃、トイレで目が覚めた。そのまま起きようとしたけど、眠気より気力がなくて無理だった。

 

無気力で起きられず二度寝。7時にまた目が覚めたけど、このまま誰とも会わず寝込んで死んでしまいたいと思いそのまま眠った。

 

結局、9時過ぎてからなんとか起きられた。寝過ぎて頭がちょっと痛い。すがすがしさはまったくない。

 

40代にもなれば、結婚して子供がいるのが大半だ。離婚して再婚してなどの話も普通で、自分の経験などから価値観を話したり盛り上がったりするようだ。

 

私は友人もいなかったし、女性との縁もほとんどなかった。3年寝太郎のように過ごしてきてしまったのがなぜだかわからない。

 

逃げてきた。自分の世界に閉じこもった。誰かに開けてもらいたかった。苦しい事や辛いことから逃げてきて、色々なことを学ばなくてはいけない時に学ばず何もしらないわからない。

 

自分に甘くて人にも甘くて、逃げて逃げて親のせいにしていただけだった。親がかわいそうだ。だが、死ね!という思いはでてきてしまう。

 

これは乞食になる奴の典型的なパターンなのだろう。誰にも相手にされなくなり、乞食になりたくない。

 

周りはアホだと思っていただけだろう。

 

極端なことしか考えられない。馬鹿過ぎて生きてる価値も意味もない。だが死ねない。ただ苦しんでいるだけだ。

 

処方箋をもらいに行った。私はなんために薬を飲んでいるのか。昨日の飲み会で結婚する報告をしていた人がいた。家庭をもってこれからがんばっていくと言っていた。

 

自分が何を言いたいのかわからない。ただ逃げたい、誰にも会いたくない、どこにも行きたくない、閉じこもっていたい。

 

なんだこれは。Youtubeでみた引きこもりと同じではないか。

 

誰にも見られたくない。精神病院にいれてくれ、誰か自分を隔離してくれ。正気の沙汰ではない。

 

俺はウツではない。だが精神的に幼く当たり前のことしか言えない。

 

自分を閉じ込めて苦しくなっている。恥ずかしい。現実を見たくない。聞きたくない。

 

そして部屋をぐるぐる回っている。

 

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村