yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

本が読めない、昼休みにひとり苦しんでいた。


スポンサーリンク

昼休みはだいたい外をウロウロ歩いていたけど、紫外線も強くなってきたことだし約1時間、大きな書店で過ごすことにした。

 

先週から「マンガでやさしくわかる認知行動療法」という本を数ページ読みすすめたところだ。しかし読んでもぜんぜん記憶にのこらないのが悲しい。

 

聖書もみてみたが、まるで辞書のようで文字が多すぎて、フォレスト出版のような文字がスカスカな本や、儲け話のメルマガばかり読んできてしまったような自分にはちょっと無理だとおもった。

 

昨日はいつもの本を取って開いてすぐに戻した。

 

本屋に向かう途中、むかし父親に言われた言葉がフラッシュバックしてきて感情のコントロールがきかなくなり、本が読んでいられなかった。

 

若いころ精神的に不安定でおかしい私に対して「人生めちゃくちゃにしちゃったな」「お前の同級生はみんなもうとっくに先にいってるよ」

 

頭の中でその言葉が思い出されて、めちゃくちゃにしてしまった自分の人生を悔いて、文字を読む気がせず、読む意味もなく、苦しくてその場にいられず、ひとりウロウロしただけで昼休みが終わった。

 

情けない、そんな自分が本当に情けない。小心者で情けない人間だから、まともに人と接することができない今の情けない自分なのだと思う。

 

そんな情けない自分を変えるにはどうすればよいのだろうか。人が寄ってくるような自分になりたいと思ったが、寄ってきても自分で人を話してしまうのだからがしょーがない。

 

 前の会社ではいつも同じ顔の人、数人とせまい部屋で話すことなく、イヤホンをして一日パソコンと向き合い作業をしていているような状態だった。家でも一人パソコンばかりみていた。

 

だから今の職場では、普通に会話をしながら業務をすすめている人たちをみて、自分がこれまでまともな環境にいなかったのだと思ったし、一般社会で私はそんなことも知らないの?と言われてしまう眉をひそめられる人間だったことも改めて認識した。

 

ブログやメールのやりとりはできるけど、誰かが何かをいっても答えられない。リアクションがとれない。だまったまま。一対一で聞かれないと答えられない。変な奴だと思っていると思う。

 

聞いた言葉が消えて記憶に残らない。頭がからっぽ、フリーズする。電話もとるが必死でメモをとらねばならない。

 

感覚がおかしい。感情がおかしい。私は仕事中もそんな状態になっている自分の原因をずっと考えている。親、兄弟、同級生、職場の人間、これまで言われた否定的なことばを思い出している。そして苦しくなっている。心はそこに無い。

 

これはただ変態なのだろうか。だけど本人は本当に苦しくて、どうしたらよいか分からず、いつもどこかによいカウンセラーや催眠療法や霊能者がいないかなどと考えている。

 

最近、事務の女性と目がよく合う気がする。けど気のせいだろう。

 

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村