yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠陥多動症(ADHD)、陰性症状(統合失調症)の可能性?


スポンサーリンク

天声人語をだいたいまいにち紙に書き写している。長いセンテンスは覚えられないので、ちょっとずつ見ては書き写す感じ。書いている途中、今書いたのと同じところを書いてしまいその度へこむが、とにかく最後まで書くようにしている。

 

書いたらその紙はすぐにグシャグシャにして捨てる。それで文章力がついたわけでもなく、学習能力がないことを自覚するだけなので意味がないのかもしれないけど、とりあえず結構つづけている。

 

ところで、先日の脳波検査では、覚醒水準がとぼしく感覚過敏で疲労しやすい、活動制御困難におちいりやすい傾向が認められるとの結果がでた。

 

覚醒水準(かくせいすいじゅん)とは意識の明確さ、神経が活発に働いている度合いで、ガツガツしたところがないとか心ここに在らずとか、宮崎勤みたいだなどと言われてきたこともこれでわかる気がする。

 

ぜんたい的な診断結果としては、私から聴いた成育歴からは発達障害だと判断できる内容は聴取されなかったので断定できないが、明らかな短期記憶の落ち込み、作動記憶のかたより、自閉的特性、高次脳機能のかたよりが認められた。

 

ただ今回の診断でははっきり断定できる結果は得られなかった。

 

診断結果にはいろいろ書かれてあったけど、要は自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠陥多動症ADHD)、陰性症状統合失調症)の可能性があるけどはっきりそうだとはいえない。

 

ADHDと同様の症状ではあるけど、成育歴や薬を飲んでも変化がなかったことからするとADHDだと断定もきないということらしい。

 

まあただ、記憶に問題があるのは明らかで自閉症的だし、どちらにしろまともではないから治療が必要でとりあえず薬を飲んでみましょうということなのだと思う。

 

この診断結果については納得しているし、正直あんしんした。親や兄弟に言ったところでわかってもらえず他の誰かに言えることもなく、ただただ闇の中だったから。

 

他の2つの病院と比較してもしっかり検査した上での結果だったと思う。これまでADHDの薬を処方されてた病院はいくのをやめて自立支援の指定病院をこの病院に変更することにした。

 

今まで薬を飲むとよけい悪くなるし自然治癒が一番という思いこみがあって、風邪でも薬は飲みたくない派だったけど、入院して薬で明らかに数値がかわり良くなった経験から、変な宗教的な考えはやめて医学を信じて薬を飲もうという考えに変わった。

 

自分に自閉症的な部分があるのは自覚しているつもりだ。だからこそ今のような孤独な状態になっているのだと思う。

 

天気の良いGWの昼下がり。公園ではピクニックをしている人たちがいる。私はいつもひとり。人と比べるのは意味がないけど、どうしてこうも自分は人にモテないどころか相手にされないのだろうか。

 

まぁそんなことを考えても仕方がないからやめよう。

 

だれとも会いたくない。実家にかえって親や兄弟にも会いたいとも思わない。だから帰らない。

 

だれとも会いたくない。けどさびしい。だれとも話せず、さびしいという感覚はある。

 

ネットの生配信を見ながら、落花生をたべて全粒粉のクッキーを食べてブラックコーヒーを何杯も飲んでいる。そしてまたガムをかむ。

 

不安感におそわれて同じ行動を繰り返す。たばこは吸いたくないから口の中を甘いモノで満たして和らげているようだ。

 

気分転換のため、今日は今から近所の施設にいって運動してこようと思う。

 

↓はげみになるのでクリックしてください。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村