yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

GWもひとり。性格や気質ではなくフラッシュバックだったのかもしれない


スポンサーリンク

ゴールデンウィーク中も、私はひとり部屋の中

 

昨日は夕方、仕入れに行って13,000円分ぐらいの商品を仕入れることができた。今日の朝10時までに納品まで終わらせた。GW中は商品が売れにくいらしいけど、何点かは売れてくれると思っている。

 

それにしても、読んだもの、見たものが全然覚えられない。いったいどうしたらいいのだろう。

 

親はGW中、気分転換にもなるから帰ってくるようにいう。私は先日の検査結果を伝えようと帰るつもりでいたけど、帰るたびに親父に仏壇に挨拶したかといわれるのも嫌だし、なんか億劫で正直帰る気にならない。

 

実家にかえれば母親が手料理を作ってくれるし、可愛い犬にも癒されるとわかっているけど、まったく気分が乗らない。

 

ところで、私はフラッシュバックが時おりおきる。

 

フラッシュバックとは、過去の出来事や体験による感情や情動が突然よみがえり、なんらかの心身反応が引き起こされる「情動反応」のことで、たんなる考え方や理屈や気の持ちようで解決や克服できるものではないらしい。

 

今まで、自分の性格の問題とか生まれ持った気質や思い込みだと言われて、自分もそう思っていたことが、実はフラッシュバックの反応によるものだった可能性があることを知った。

 

フラッシュバックの特徴として

・突発的・衝動的な行動をもたらすことがある。

 

・薬で消えたりなくなったりする性質のものではない。

 

発達障害を持っている人たちなどは、過去に受けた叱責や罵倒、言葉等々をくりかえしくりかえし甦らせてしまうことがある。

たとえば、ささいなことを批判されると、全人格を否定されているように感じて怒りがとても湧いてくる、死にたくなってしまう。ひどく落ち込んでなにもやる気が起きなくなるなど。

 

私は父親が頭ごなしに決めつけて否定ばかりされてきて、そのつど怒りがわいてきたし、落ち込んでやる気が起きなくなることもあったので実感としてわかる。

 

職場で流れるラジオで話す内容から、フラッシュバックしたり、電車に乗っていてフラッシュバックが起こったりよくあった。今でもとときどきそうなる。

 

カウンセリング森のこかげから一部抜粋

 

記憶の問題は薬で改善するのだろうか。会話がままならないコミュ障もあるけど、
フラッシュバックの問題はカウンセリングをすれば、改善するのだろうか。
カウンセリングを受けてみようか考えている。

 

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村