yd’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を見失いどこかに置き忘れてしまったいつも孤独な男の blog

気分循環型障害、発達障害、友達いない、フラフラが止まらず挙動不審な40代のボッチが思ったことを書いてます。

お金があっても幸せになれない、だけどお金を稼ごうと思う


スポンサーリンク

今日、となりの区の図書館まで借りていたCDを返しにいった。ジャージを着てジョギングしながら。

 

先月で1年つづけたボクシングジムを退会してから久しぶりに汗をかいた。

 

運動は脳によいというから、ジムはやめても区の体育館で水泳とかはじめようと思っている。

 

聞いたことをすぐに忘れてしまう、覚えられない、理解力ないから少しでも改善されたら嬉しいけど、人にうまく言葉を伝えられない、しゃべれないというのは、一人暮らしのネットづけの今の状態ではなかなか難しいと思う。

 

ところで、もう40過ぎて独身で友達もいない、お歳暮ももらったことも出したこともなく、年賀状すら来ないし出す相手もいない。会社を辞めても続いている人間もいない。

 

もはや孤独で老人のようだ。普通の人が恥ずかしいと感じる感覚がわからない、既に十分恥ずかしいことをしているのだろうが、自分にはそれがわからない。孤独に自分の世界に閉じこもっていたから、もうずっと前から感覚はおかしくなっていた。

 

何か悪いことをしてきたわけではないけど、自分が何をしているのかも分からなくなっていた。人から好かれることもなく、必要とされず、孤独ということほど寂しい人生はないと思う。

 

私は誰かになにか嫌なことを言ったりしたりしてもいないけど、なんでこうも孤独なのだろう。はたから見ても、自分でも幸せではない。こういう風になってしまったのは、きっとこれまでの生き方や行いが悪かったからなのだと思う。

 

人に好かれる性格もしていないし、感情というものがなく笑えもしない。人格を磨いてこなかったということもある。人は人の中にいて自分の立場を理解し、コミュニケーションを学び精神的な安心を得たりする。

 

それが自分の場合、あまりに一人でいる時間が長すぎて、自分を完全に見失ってしまった。新しい人間関係が作れないし、維持できない。長い目で何かを考えたりすることもできず、いま不機嫌かそうでないかでしか判断ができない。

 

私はもう普通に会社に勤めてやっていくのは無理だ。なにしろズレが激しくてまともな人間関係がきづけない。それでも仕事はしっかりできればいいけど、覚えが悪過ぎて逆に仕事を増やしたりしてしまう。

 

でも、とにかくお金がなければ生きていけないから、稼がないといけない。お金の奴隷になるのは嫌だ。お金を働かせたい。お金があれば幸せになるのだろうか。

 

今の自分ではきっと幸せにはなれないと思う。お金を通したサービスや関係なんて、しょせんは金の切れ目が縁の切れ目でしかないからだ。

 

でも、お金があれば、そのお金で今の自分を改革することはできると思う。自分の現実を変えるために自己投資をする。豊かな人生を送っている人に出会い、良い影響を与えてもらう。そういった使い方をすれば今より幸せになれると思う。

 

だから、お金を稼げるようになりたい。無気力感はんぱないし、頭が悪過ぎるけど、死ぬまでこのまま浮かばれないよりはましだ。

 

今日はヤフオク!に商品を出品した。毎日できることを少しづつでもやっていこうと思う。

 

↓クリックされると励みになります。


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村