yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

気分循環性障害、人の名前が覚えられない、会話が不自由、つまらない、笑えない。感情が死んでしまった。思ったことを綴っているだけ

実家に帰って手作りケーキとお寿司を食べた


スポンサーリンク

今日、実家に帰省した。帰ったのは、正月以来。

 

もう仕事がぜんぜん話にならないぐらいできなくて、先週、夜母親に電話した。機能不全な家庭に育った、てめぇらのせいでこうなったんだよ、どうすんだよ、と泣きながら話した。

 

母親は心配して今からそっちに行こうか?といったがさすがに断り、私の誕生日のお祝いもするから帰ってくるようにと言った。だけど私は帰りたくないと答えた。

 

まぁだけど、夏服は実家に置いてあるので、衣替えのための衣類をとりに帰ることにした。

 

金曜日にいつ帰るか母親から連絡がきた。土曜日にきて一泊して帰ると思っていたのだろうが、私は明日の午前中に帰ると返信した。だけどクリーニングにだしたスーツを取りに行ったり、洗濯したりしていて結局かえったのは13時をすぎていた。

 

母親は自分のためにケーキを作ってくれていた。父親は相変わらず私に仏壇に挨拶したかと言ってきた。晩御飯は一緒にコストコまでいって買ってきた寿司をお腹が苦しくなるほど食べた。

 

父親、母親がそれぞれお金を渡してくれた。年金暮らしの二人からもらうわけにはいかないから、さすがに要らないと断ったけど、お年玉をもらったりしたから、誕生日のおかえしだからといわれて結局ありがたくちょうだいすることにした。

 

お金をもらいに帰ったわけではないのに、自分が経済的に苦しいのだと察して封筒に用意していてくれたようだ。本当に申し訳ないというか情けないとおもった。

 

両親は二人とももう年よりだ。父親もそうだけど、母親の姿をみるとさすがに自分みたいな親不孝者に育って申し訳ないなと思う。こんなにいい親を悲しませるようなことをしてはいけないのに、一人でいると親に対するうらみが湧いてきてしまう自分が嫌になる。

 

帰りに車で駅まで送ってもらおうと車に乗って少し進んでから、ポケットに入れていたはずのPASMOがなかったから、一旦、引き返した。結局、家にはなくて旅行ケースに入れていたというオチなのだが、これで電車の時間を変更することになった。こんなことが私はしょっちゅうある。発達障害だからといえるのかもしれない。

 

ああ、昨日まではもう親子の縁を切りたいぐらい勝手にモンモンと思っていたけど、親に直接合うと、元気なうちに親孝行してあげたいなぁと思った。

 

このまま派遣社員を続けていても仕方がないし普通の会社に勤めたところで自分ひとりが食べていくのが精いっぱいで終わってしまう。会社という組織では、本音と建前を使い分けて、うまく演じていける人、上司にうまく取り合っていける世渡り上手が出世できる。

 

私のように根暗で使えない人間は、どう考えても会社員は向いていないしそこで出世できる見込みはない。

 

人からの評価や査定ではなくて、人間関係など気にせず、、自分でがんばっただけ分、稼げて、収入になるような仕事をしたい。

 

そして少しでも親を安心させて喜ばせてあげたい。実家に帰ってそう思った。

 


ネガティブ日記 ブログランキングへ


にほんブログ村