yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

ボクシングジムを辞めることにした


スポンサーリンク

今月で一年つづけたボクシングジムを辞めることにしました。

 

前の職場から自転車で5分ぐらいの距離にあったので、昼休みに週4日~5日で通っていました。

 

仕事を辞めてしまった後も、自宅からだと距離が遠くなり、職業訓練校にも通うようになり練習になかなか行けなくなっても続けていたのですが、訓練校も辞めることになり、月10万円の収入も途絶えてしまうので、今月いっぱいで退会することにしました。

 

残念なのですが、今は少しでも出費を減らさなければならないので、仕方がないです。

ただ、弱すぎてしょーもない自分は格闘技が必要だとわかりましたので、時間とお金に余裕ができたら、また、ボクシングか今度はキックか柔術か違ったものをしてみたいと思っています。

 

会長に退会の希望を伝えたときに、退会用紙に記入するのとは別に、入会金を払っていないから、払ってほしいと言われました。なぜ辞める時になって請求するのか、ちょっと意味不明と思ったのですが、その場で払い手続きをおえました。

 

会長はナイスガイでその人柄に集まっている練習生も多いと思いますが、金の切れ目が縁の切れ目、的な対応をされた感じがしたのが残念でした。

 

まぁボクシングジムを経営していくのは大変ですし当たり前の事なのかもしれませんが。でも、自分的には、またこのジムで練習できるように戻りたいなぁとは思えなくなったのは正直なところです。

 

ところで、去年、自分はとある銀行が主催した起業塾というのに参加しました。無料で毎週日曜日に開かれていたのですが、ビジネス案とか出せず、結局途中で行くのを辞めてしまいました。

 

中途半端で確固としたプランもなく、ただ参加してみようといった軽い気持ちでの参加だったことも行かなくなった原因の一つにあげられます。

 

ですが、自分の場合、なんか全てのことが中途半端になってしまうのです。

 

これを勉強しようとか手をつけ出しても辞めてしまう、本を読んでも途中で読まなくなってしまう、起業塾も訓練校もしかり。

 

この中途半端な性格は親(特に父親)に似たのだと思います。ただそれにしても色々興味を持ち手をつけてみるもほとんど中途半端になってしまう。

これは昔からそうだけど、改善できないのです。

 

前の職場で、年下の上司から、もう最後の花向けだったか、自分を見つめようとしないからそんな状況なのではないですかといった辛辣なメールをもらいました。

 

でも、それは私のことが分かっていない、表面的な部分だけをみて言っているに過ぎない言葉でしかありませんでした。私は誰かと話せる相手もおらず、自分で自分を嫌になるほどこれまで見つめてきたのです。

 

話がそれてしまいましたが、この歳でボクシングをやろうとしたのは、強くなりたいということではなくて、精神面と何より運動することによる脳機能の向上を期待してのことでした。

 

ただ実際やってみると、幼いころ父親から空手の手ほどきをしてもらったこともあるからか、筋がいいとジムのトレーナーから言われて、お世辞だったとしても嬉しくて、正直きることならもっと早くやっていれば良かったと思わずにはいられませんでした。

 

小、中、高校生や10代~20代の若者が沢山いましたが、彼らは練習すればするだけスタミナもつくし強くなって行くしがんばればプロにだってなれる。ところが自分の様な40代のおっさんは健康維持とかストレス発散を主な目的としてやらねばならないのです。

 

自分の住んでいた所はボクシングジムなど無かったし、東京に出て近くにあったとしても会費を払ってやっていけるだけの生活能力がありませんでした。

 

まぁ今は親父ファイトとかもあって、出てみたいと思いましたし、出場してチャンピンになるのを目標にがんばってみてもいいとは思いますが。

 

でも、やっぱりプロボクサーや、世界チャンピオンになるのを夢見て、練習している彼らの輝きにはかないませんね。

 

だから、今やれること、今しか出来ないことを我慢したりしないでやってしまうこと大切で、そうすれば私のように後で後悔しない人生を送れるのだと思います。