yd’s blog

ヤバイヤバイ、常にヤバい。頭が悪すぎて、まともな思考が働かない。

会話が不自由。ことばで話せないので、せめてブログにつづっています

無気力、無力感、低能、発達障害


スポンサーリンク

聞いたことをすぐに忘れる、物覚えが悪い、頭から消えてしまうのです。

 

頭を使ってこなかったせいなのかもしれませんが、自分は理解力も記憶力も低くて、注意力も散漫、仕事をしてもミスしてばかり。

 

現実感が乏しくて、何度も転職していて、それが自分の人生にいかにマイナスかなども想像すらできず、現実的な将来設計など一切考えてきませんでした。人生投げていたのです。なぜそのようにしてきてしまったのか、自分自身わかりません。

 

心ここにあらず、元気がない、幽霊みたいと人から言われました。無気力でやる気があるのに動く事が出来ず、他力本願でいつも目に見えないものだったり、誰かに助けてほしいと思っていました。

 

いつも自分を変えたいと願い、格闘技や自己啓発、能力開発、気功、精神世界などの本に興味を持ち、親や周りに知られないよう、こそこそ読んだり関わるようになりました。自分の能力のなさをなんとかしたいと思っていたのです。

 

こんな自分になったのは、あんな親、兄弟のせいだと、親の育て方や男兄弟のみだった家庭環境を恨みました。あまりに駄目な人生を悲観するようになっていました。

人からみたら甘えているだけ、殴りたくなるということも言われたこともありますが、その感覚は自分自身ありません。

 

歳を重ねても大人としての自覚が芽生えず、年齢を重ねても精神的に幼くて、一日、一週間、一か月、一年という時間の感覚すらわからなくなり、世間的な良し悪しもわからず、以前、無理やり入れられた会社の社長からは、ズレがすごいと言われながらも自らそれを改善することが出来ませんでした。

 

ズレというのは、一般的にやっていいこといけないこと、年相応の対応や、振る舞い、考え方、挨拶や礼儀といった社会的な道徳、倫理観や空気を読めない、などです。

 

こう言われたら、こう面白く切り返すとか全然できません。会社などで理不尽なことを言われても、よほどおかしなことでない限りすぐに従ってしまいます。自分で判断することを人にゆだねたりしてしまうのです。人に反論しても言い返されるとそのあと言葉が返せません。口喧嘩ができません。

 

結局のところ、私は使えない人間として成長してしまいました。同窓会など呼ばれたことは一度もなく、きっと話題にすら上らないそんな奴でしかないのでしょう。

 

なにかをしても必ずと言っていいほど間違い、失敗するし、それを取り繕う自分も嫌になりいつの間にか人とのかかわりあいを避けるようになっていました。

 

誰とも関わりたくない、だけどできることなら関わりたい。

 

今はネットで色々調べられるので本当に便利な世の中になりました。そこで大人の発達障害というのを知り、現在ADHDの薬を処方されてだいたい半年近く飲んでいますが、さほど違いを感じられません。その病院ではきちんと検査をしてくれたわけではなく、ADHDの症状チェックリストをやって薬を処方されて飲んでいるという状況です。

 

IQが低いだけのただのバカなのか、それとも脳機能のどこかに欠陥があるのか、しっかりと検査をしてもらいたい。ということで私は現在、セカンドオピニオンとしてもう一つの病院で検査をしてもらっています。

 

そこの病院では数カ月かけて検査をおこなわれるため、診断結果がでるまでまだ先になるのですが、ADHDではなくてもアスペルガー自閉症など何かしらの障害があることを正直望んでいる自分がいます。

 

うつ病や精神科に通うというのは、世間的には陰口を叩かれ、後ろ指をさされるようなことなのかもしれません。薬を飲んでいることや検査を受けていることは、身内にも誰にもいっていないことなのですが、結果がでた上で今後の身の振り方を考えていきたいと思っています。